artなご案内

一部終了、二部始まり。

参加させていただいてる写真展の一般部門が終了しました。
写真を生活に取り入れましょう!という提案に共感して
今回この『KYOTO PHOTO AWARD2013』に参加させてもらったのですが
最終日前日に会場に行くと
来場者さんでいっぱい!
毎年とても多くの方が訪れると聞いていたのですが
twinsもきょろきょろとするほどの賑わいで驚きました!
私はといえば、憧れの同時代ギャラリーに
自分の作品が小品とはいえ展示できたことが嬉しかった◎

そして、長年お世話になっている
『How are you,PHOTOGRAPHY?』展さんから
レビュアー賞をいただきました!
偶然、観に行っていた母が私の代わりに賞を授与してもらってました。。。
正直、とても嬉しかったです。
単純かもしれませんが、これからも写真撮っていこう!って
素直に思いました。笑
       
        一般部門 のコピー
                『関となるもの』

「かん」と読みます。
『迷いなく澄み切った境地への関所』と
好きな本に書いてあって、その言葉につよく魅かれました。

昨年末の『How are you,PHOTOGRAPHY?』展から
展示することを再開して
私も迷いなく澄み切った境地へ向かいたいと思い
その関(せき)となる作品です。

次は本日から始まります。
『KYOTO PHOTO AWARD 2013』
京都、三条御幸町南東角にある同時代ギャラリーにて
2月26日(火)〜3月3日(日) 12:00-19:00(最終日は17時まで)

作品はまた違うものを展示しております。

お近くに行かれる際はぜひのぞいてみてくださいませ。


そして、4月に大阪で行われる展示会に出展することになりました。
こちらはまた追ってお知らせいたします。
もう作るのが楽しみです◎





スポンサーサイト



ひとり言

ポートフォリオから

写真展が始まりました。
私はまだ見に行けてないのですが、今週末に行けたら行く予定。
今週、展示してる作品はデーター入稿すると
主催者さん側でA3パネル張りにしてくださって
展示までしてくださるというもの。
twinsがいる私にはとっても好都合、
でもA3サイズで枚数を重ねられないという規定があったので
参加どうしようかな〜と思っていたのですが
今年の密かな心意気は『出せれそうなものは出して行こう!』なので
参加させていただきました。

なので、作品作りは意外と早くできたものの
一緒にポートフォリオを提出しようと試みて
結局、時間かかったかも。

学生時分にパソコンの苦手だった私(今もそんなに得意ではない。。。)は
友人にお願いしてポートフォリオを作ってもらってたのですが
それも年代物となり
度々出展させてもらっている写真展の写真も
加えようと思ったので
夜な夜な子どもたちが寝てから
いそいそとポートフォリオを編集していました。

残していた過去の展示写真やDMなどをごそごそと
掘り起こし恥ずかしくも懐かしー!と思いながら編集。
もう10年以上前によくここまで個展とかしてたなー。。。
と思いました。。。
今でもどこかギャラリーにお邪魔すると
ここでしてみたいなーとかふと思ってしまいます。 
        永遠
写真は今も好きな場所、
京都・恵文社さんのギャラリーで展示したときのもの。


行ってた大学とは違う大学院に行ってたのですが中退するとき、
大学時の先生に報告をしに行くと
「今ここで辞めて、結婚したり子ども生んだりして
 作品作り止めてしまって、落ち着いてから作品また作り出したときに
 本人は新しいもの作ってるつもりでも
 時代は流れてて端から見たら古ぼけたもの作ってるってことがあるの。
 だから辞めるのやめといたら、君にはそんな風になってほしくないわ。」
と言われたのには泣きそうになるぐらい嬉しかったのですが
今回つくってるときにふとその言葉を思い出して
私は相変わらずなものを作ってるなー、古ぼけてるかな。。。と
ちょっと考え込んでしまいました。

誰かが期待してくれるような第一線作家活動ではないけれど
作りたいなーと思うものを作る
観てもらいたいなーと思ったら展示する
流通できるものなら流通させる
できるところから始めよう。
今の私はそんな感じ。

やっぱり作ることをずっと止めるってことは
私にはできない。
目の前に溢れるきれいな風景はやっぱり撮りたい。
目を離すのがもったいないほどの表情はやっぱり撮りたい。
もはやライフワーク?
そしてやっぱり観てほしいんだろな。
なんなんだろう、この表現欲は。。。



『KYOTO PHOTO AWARD 2013』
二部門に出展するので今週、来週
京都、三条御幸町南東角にある同時代ギャラリーにて
小作品を展示させてもらいます。
2月19日(火)〜2月24日(日)12:00-19:00(最終日は17時まで)
2月26日(火)〜3月3日(日) 12:00-19:00(最終日は17時まで)

作品は入れ替わります。



artなご案内

KYOTO PHOTO AWARD 2013

        IMG_7816.jpg

あれやこれやしてるうちに日が迫ってきました笑
『KYOTO PHOTO AWARD 2013』
二部門に出展するので来週、再来週
京都、三条御幸町南東角にある同時代ギャラリーにて
小作品を展示させてもらいます。

2月19日(火)〜2月24日(日)12:00-19:00(最終日は17時まで)
2月26日(火)〜3月3日(日) 12:00-19:00(最終日は17時まで)

作品は入れ替わります。

こんな風に作ったのは初めてかも。。。
規定があるのでそれに沿ったサイズや手立てをしたのですが
次、また考えたいなと思えるきっかけになりました。

この期間、お近くに行かれる際は
どうぞお立ち寄りくださいませ。

美食倶楽部

ある日の朝食

        IMG_1268.jpg
子どもたちが朝食にパンを食べれるようになってから
もう少し大きくなったら一緒に作りたいなーと思ってたうちの一つ、
ずっと欲しかったワッフルメーカーを購入。
焼いてます◎
ほかほかのワッフルが朝から家で食べられるっておいしい◎
プレートを換えればホットサンドもたい焼きも焼ける。
ドーナツやタルト、ピッツェルのプレートもあるので
追々購入しよーっと!
子どもたちも美味しいらしく朝からもぐもぐ◎
バナナやお豆腐、きな粉や黒糖を入れたりして、作る側も楽しんでいます♪  
      IMG_1272のコピー
子どもたちはシンプルにそのまま食べるか米あめを少し付ける程度ですが
幾つかトッピングを用意。
湯布院 食工房 風曜日さんのいちごジャム
金澤大地「たなつや」さんのやわらか米あめ
ノースファームストックさんのピュアミルクジャム
風曜日さんのジャムはイチゴだけに限らずどれも美味しく
果実がごろっと入っているのも魅力的。
米あめは子どもたちの食べるものにお砂糖以外で甘みを付けるものを
探していたときに出会いました。
米あめってなあに?と思っていたのですが
とってもやさしい味わいの水飴状のもの。
石川県産有機米と有機大麦だけで作られているのですが
柔らかい甘さと香ばしい感じに私がはまってしまいました笑
ピュアミルクジャムは友人から戴いて知ったもの。
濃厚なのに後口がべたつかないクリームのような美味しさ!
大事にいただいてます◎

どれも材料はいたってシンプルで
保存料などが入ってないぶん、早く食べきってしまわないといけないのですが
それだけ素材の味を大事にされてるんだなぁと思うと
作られてる方の考えにも安心できて、美味しくいただいてます。
しかも素材も地場産で大事に作られてるんだろうな〜と
わかるようなものを使われてる。
子どもたちにはできるだけそんな風に大事に作られたものを
大事に食べてほしいなと思います。

さあ、明日の朝ご飯は何にしようかなー◎