京都

平等院鳳凰堂

藤の季節も紅葉の時期も、
もう何度も行っている京都宇治にある平等院鳳凰堂。
私、なぜだかとても好きです。
永承7年に藤原頼道によって創建され、
翌年にできたという鳳凰堂。
2年かかって修理され、去年の秋にまた拝観できるようになり、
花の時期でもないし、もう人も少なくなってきただろうと思って
先日、行ってまいりました。
ところが、お、思ったより人すごく多い。。。
入園するにも並んだぐらい。。。
行くたびに思うけど、京都はどこへ行っても年々観光の方々が
ものすごく増えてはる気がする。。。

鳳凰堂の内部拝観はものすごい行列で諦めました。。。
頼道が思い描いた極楽浄土。
この度、平安時代に最も近い修理がされ、
屋根の葺き替えや建物の塗装がしなおされたと聞き、
さぞ、極彩色なのでは?!と思っていたのですが、
(綺麗になりすぎて賛否両論だったと聞いていたので)
そんな、そんな!
平安神宮ほどの朱でもなく、丹土の上品な色。
清水寺みたいな極彩色もなく(↑←決して嫌いなわけじゃないですよ!)
穏やかでした。
           IMG_2709.jpg
ほら、左端下のカメさんも穏やか〜!
           IMG_2719.jpg
塗装が剥がれ落ちていた様をみて
観光の方々は「侘び寂び」を感じられてたそうですが、
ここは極楽浄土をイメージされて造られたところ、
「侘び寂び」はもとからないよ〜!と思っていました。
だって、鳳凰堂の中には阿弥陀如来像の周りを
軽やかに舞い奏でる雲中供養菩薩が52躯おられて、
それこそ当時はもっと鮮やかな色使いで描かれた
大きな来迎図があったのだから。

園内にある博物館「鳳翔館」に展示されてる
雲中供養菩薩を見るのがとても好きで、
頭の中に雅楽の笙や琴の音が浮かんできて
宇宙にいる気になります。
               IMG_3090.jpg
ミュージアムショップにはほしいな〜と思うものが
たくさんあるけれど、今回は鳳凰のマスキングテープと
鳳凰や宝相華の折り紙。
雲中供養菩薩のマスキングテープもあって
次、藤の花の頃にまた来たらね。
               IMG_2731.jpg
宇治に行ったなら『中村藤吉本店』でお抹茶!なのですが、
twins連れ、まだお抹茶はいただけないので、
近くで抹茶パフェをテイクアウト。
          IMG_2733.jpg
帰り道は黄檗にあるパン屋さん『たま木亭』で残り僅かなパンを
必死で買ってきました笑
長い列ができると言われているだけあって、
夕方だったのでパンはほとんど売り切れ!
こちらは今度は行きしに寄ろう。

次は藤の見ごろにかな。
修理と共に大剪定をされた樹齢約280年の藤。
    P1040879.jpg
以前のような花盛りに会えますように。







スポンサーサイト