heal

本屋さん

あんなに更新を頻繁に!なんて
思っていたのに今月最後で3つ。
来月はもう少し、短いのをもう少し増やしたい。

今月は実家の家族に連れてってもらって
近所ではない、大きめの本屋さんに何度か行く機会がありました。
twins連れなので基本、絵本コーナーにしかいられないけど
それでも新鮮!
近所の本屋さんの絵本コーナーは在庫を把握してるぐらい行ってるので
時期によって平置きの特集が変わっても
あまり新しさを感じていなかったのだけれど、
大きい本屋さんはさすがに品揃えが違うので
かなりじっくり楽しめました。
私、本屋さんが好き。
好きな本屋さんには1日中居れる。

町の小さな本屋さんではなくて、
中規模か大型店舗の本屋さんが好き。
窓があって、
本屋さんとしては迷惑だろうけど立ち読みしながらとか
本探しながら外の景色が見えたりしたら最高!

小さい頃は夜のドライブを兼ねて
TSUTAYA(大きいところで本も売ってた)に行ったり、
中学の時は近所の本屋さんに通ってたり、
高校や浪人の時は英会話や画塾を時にサボって
本屋さんで過ごしていた。

そう、今はもうない河原町蛸薬師辺りにあった丸善。
梶井基次郎の『檸檬』の舞台になったことが有名で、
平置きされた『檸檬』の文庫本のところに
ほんとにレモンが置かれてるのを見つけた時は
なんかちょっと感動したのを覚えてる。
店員さんもみんな知っててそっと置いたままにしてあった。

エスカレーターで順番に上がっていって
小説を探し、まったく関係ない医学本や専門書をみて、
趣味の階で料理や手芸の本に目をみはり、バッグや生活雑貨なんかもみて
文具を買って、児童書を立ち読みし、
美術書を隅から隅までみて、洋書をえらそーに選んでた。
最後に一階で電車やバスの待ち時間の時間つぶしに雑誌を見たら
帰る。
きっと店員さんはあの子まだいる!と思ってたかも。
画材の入った大きなアーミーリュック背負ってたから
かなり怪しかったかもな笑

今は新しく四条河原町角にできたマルイに
文具専門で復活されてる。
まだ行けてない。
一人の時間がちょっとできたら行ってみよう。
昔、よく買ってた丸善グッズ、売ってるかな?
文具のフロアで丸善オリジナルの便箋や原稿用紙が好きで
物書きでもないのによく購入してた。
好きすぎて、いっぱい買ってたからいまだに持ってる笑
夏目漱石の原稿用紙をメモにしたもの。
IMG_2168.jpg
原稿用紙に名前入れるサービスもあって、したくてたまらなかった。
そんなん使う人、今どき少ないだろうから、なくなっちゃったかな?


四条烏丸の大垣書店にも行ってみたい。
大きな窓が各階にあって、窓側に椅子が設けてあって
それこそ、1日いれそう!

芦屋にいた頃、三宮センター街のジュンク堂も
よく長居してた本屋さん。
センター街のアーケードが見下ろせる窓側に
座り込んでよく本を読んでた。
絵本コーナーも木のベンチがあったりして
大人で一人なのによく絵本や児童書を読んでたな。

久しぶりに文庫本のコーナーでいろいろ本を探したい。
寒い日、外出ない日の読み物探したいな。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント